その5 今日はサヤーム地区です

個人旅行の醍醐味。適当な時間に起きて適当に出発です。今日はサヤーム地区の予定ですが、まずはトゥクトゥクで昨日行けなかったワットサケット(黄金の丘寺院)へ。

2ヶ月の予習の成果か?バンコクの地図が頭の中に渦巻いています。トゥクトゥクが大体どの辺を走っているかが分かる!特にタコさん。完璧です。ちょっと小っちゃいけど。

画像

画像


OISHI社製「緑茶」。パッケージも日本語のほうが良いのかな?

画像


ファランポーン駅北西のボーベー市場。衣料品の市場です。思わず短パンとTシャツを買ってしまいました。でもこれが役立った。

画像


これは路地なのか人の家なのか。「いくら路地好きでも他人の家の中を歩くなよ!」(ちい散歩より)

画像


人の家の軒先を通ってショートカットでたどり着いた「ジムトンプソンの家」。ガイドの子がかあ~いい!(入場料 100THB)

画像

画像


なんじゃ~いこれ!こんなのと高層ビルが入り乱れる、これがバンコクです。

画像


スアンパッカードパレス博物館。ハデハデの団扇のお土産つき(入場料 100THB)。タイ様式の皇族の住居だったそうです。まあこんなもんか。

画像

画像


建設中のマンションと工事中の鉄道。地震の多い国の住人としては絶対に住みたくないし乗りたくない!?

画像

画像


かのプラトゥーナム市場を散々探索してチットロム駅北のISETANへ。デパートの前に祭壇?

画像


続いて象(エラワン)を祭ったエラワンワンプラブームへ。

画像


今日も良く歩きました。もう一杯一杯です。特に暑さと排気ガス、それに歩きづらい歩道。ちょっと参りました。

そこで、タイの歩き方 その4
「バンコクの歩道は決して歩道ではない。あれはパブリックスペースなので、歩道だと思って歩いていると怪我をする。」
どうですか?バンコクに行った事のある方、同感でしょ。屋台・駐車・看板は当たり前、なんと公共施設の前の歩道一杯に花壇が作ってありました。どこを歩くんじゃい!
ハンディーキャッパーへの配慮はどうしても最後になるのでしょうか。どこの国も同じか。
 ⇒タイの歩き方へ

続けて、タイの歩き方 その5
「歩くときは自分が一番周りに注意を払うこと。(日本で車を運転するように)」
タイでは交通の優先順位が①バイク、②トゥクトゥク、③自動車、④人の順で、日本とは逆です。歩行者が安全確認を怠ってぶつけられても文句が言えません。
 ⇒タイの歩き方へ

さらに、タイの歩き方 その6
「交差点では横断しない。横断は交差点でないところで。」
交差点ではバイクやトゥクトゥクが歩行者や信号を無視してどんどん突っ込んできます。交差点での横断は四方に注意しなければなりません。よって交差点ではなく二方向だけに注意をすれば良い所で横断しましょう。
 ⇒タイの歩き方へ

本日の仕上げはカリプソーニューハーフショー。チケットをホテルで正規に買うと1,200B、ホテル前の雑貨屋のオバサンから買うと900B、現地のガイドブックでクーポンを買うと600B。よく分からん。

画像


美空ひばりはいいね~、都はるみは怒るかな?そんな出し物をそれなりに楽しみました。本日もマッサージでおやすみなさい。

画像  画像 画像 画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック