その11 カンチャナブリ 2

今日はKTC(Kanchanaburi Travel Center、安易な会社名?)という観光会社の1日ツアー(8:00~17:00)に参加です。

ツアーナンバー D5。エラワン滝・ヘルファイヤーパス博物館・アルヒル桟道橋・泰緬鉄道乗車・クウェー川鉄橋を巡るツアーです。入場料や乗車券代、昼食と水がついて890THBを期間限定特別料金 790THB。ノーブルナイトゲストハウスで予約しました。

出発場所のレストランで朝食(70THB)。明日はこの朝食代が宿泊料金に込みです。その時このレストランがもともとのノーブルナイトゲストハウスであることを知りました。しかもサーブしてくれたそこのウェイトレスさんがそのままツアーのガイドさんに。どうなっているんだろう。

という事で、ドイツ・オーストラリア・日本の各ペア6名のツアーのスタートです。英語大丈夫か~?まずは1時間ほど走ってエラワン国立公園にあるエラワンの滝へ。

画像

画像


ガイドさんです。女性です。言わなくても分かるか。

画像


ゴミ箱です。国立公園だけあってゴミには神経を使っています。特にペットボトルのポイ捨てを防ぐため、登り口で持ち込む本数を登録しペットボトルに名前を書いてデポジットを渡します。帰りに確認して返してくれます。

画像


エラワンの滝は下流から順に7つ。ガイドさんの説明によると、4番目ぐらいまでは楽だけど7番目まではロッククライミングの様だとのこと。そこまで厳しくは無かったけどそれなりにきつい登りを50分ほどかけて最後まで制覇しました。

画像

画像

画像

画像

画像


大汗をかいてふもとのトイレでシャツの洗濯。しばらく裸でお昼寝。とんでもない事をする日本人。

画像


昼食は駐車場周辺にたくさん並んでいるレストランの中の1つで頂きます。30THBのメニューの中から好きなものを選びます。フルーツもついていて値段の割りには十分満足しました。

ここから1時間ほど走りヘルファイアパス博物館(←勝手にリンク)へ。言葉もありません。乾季のはずが何故かスコールが。

画像

画像

画像

画像

画像


また1時間ほど走って泰緬鉄道のTHAMKASAE駅へ。あちこちのツアーバスがここに集合。すぐそばに木造の橋、アルヒル桟道橋があります。

画像

画像


1940年、昭和15年。既に70年、まだ70年。

画像


この上をあの重そうな列車が通るとは!いくら徐行するとは言っても信じられません。

画像


画像


THAMKASAE駅を16:10発。4駅先のTHAKILEN駅まで20分ほどの乗車です。

画像


観光客でいっぱいの車内の様子です。このあと信じられない光景が眼前に。土足でシートに立つは、窓から乗り出すは、他の乗客を押しのけて写真を撮るは、酒盛りはするは、もう大騒ぎさ。

画像


昔ノーキョー、今 ○○○○人観光客!全くやりたい放題です。思わず景色よりもそちらを動画で撮ってしまいました。面白くて。我がツアーのメンバーも口を開けて見てました。

そういえば、確か○○○○人の喫煙率は異常に高かった。ひょっとして「喫煙率と民度は反比例する。」という公式が成り立つかな、などと考えているうちにTHAKILEN駅に到着です。

画像


30分ほど走って、最後の見学場所が昨日も来たクウェー川鉄橋です。

画像

画像

画像

画像


鉄橋からノーブルナイトゲストハウスまで送ってもらって解散です。お疲れ様でした。

画像


前の洗濯屋さんに洗濯物を預け(2kg 40THB+乾燥機代 30THB)夕食に出発。今日も1日お疲れさんでした。おやすみなさい。

画像  画像 画像 画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック