リタイアから1年、何想う?

画像


退職願を提出し、残っていた有給休暇の消化に入ったのが去年の7月。早いものでそれからもう1年が経ちました。

ある人が、リタイア後の生活について「四季が一旬して初めて新しい生活の向き不向きが分かる」と言ってました。いろんな場面を通して新しい生活を体感することによって初めてその良し悪しが判断できる、と言う意味だと思います。田舎暮らしも、海外移住も、ボランティア活動も!?。

でも、私の場合「若い?うちに色んな国に言ってみたい」という程度の単なる憧れで飛び込んだ新しい生活、具体的な形があった訳ではありません。さらに、もともと「まっ良いか!」が信条の私としてはどんな環境もそれなりに受け入れて楽しんでます。

この1年の間に行った国が韓国・ラオス・タイ・ペルー・アメリカの5カ国。1年のうち2ヶ月ちょっとを海外で過ごしました。

画像画像画像画像画像

実際には旅行前後のなんやかんやで1年の半分ぐらいは旅行していた気分です。その意味で大いに満足しています。タコさんはちょっと疲れたみたいですけど

もうひとつ、この1年は退職前に想定した今後の生活費の試算が正しかったかどうかを検証する1年でもありました(⇒「これからの生活費はいくら?」参照)。つまり、リタイア後に今まで通りの生活をし、さらに旅行費用等を上乗せして実際にどのぐらい掛かったかを確認する年でもありました。

こちらの結果も大いに満足。我ながら大したもの、想定通りの結果でした。まあ病気や怪我など想定外の事由が発生しなかったので当然といえば当然ですが。

さてさて、たった1年で総括できる訳も無く、もともと総括しても意味が無い早期リタイア生活(だったらこんなブログ書くなよ、ってか?!)。どうやって楽しむか、を考えるだけでも楽しい早期リタイア生活です。

画像

画像

画像画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント

たま
2008年07月30日 13:06
56でリタイアなんて羨ましい!
「収入は公的年金・退職年金と預貯金」とのことですが、年金は65歳からでは?
是非、収入の内訳をしりたいものです。
退職金を運用されているのでしょうか。
フリーランス
2008年08月01日 13:45
たまさん、コメント有難うございます。
おっしゃる通り60歳までは全くの無収入。預貯金を食い潰してます。人呼んで恐怖の「キリギリス生活」。でも、その分税金も年金保険料もタダですが。
60歳から公的年金の一部と退職年金が「僅か」に入ってくる予定です。いつまで続けられるかキリギリス生活!これを考えるのも早期リタイアの楽しみの一つです。
たま
2008年08月03日 10:45
ご返答、ありがとうございます。
なるほど、年金受給開始まで退職金でつなぐなら、税金、年金、健康保険料などはお得ですね。
私も50代のリタイアを目指していますので、このサイトをおおいに参考にさせていただきます。
今後ともよろしくお願いします。
フリーランス
2008年08月05日 15:58
ここにまた一人の早期リタイア人誕生!
65歳定年制などとんでもない。老兵?は早く消えること。それが若い人の正規雇用につながります。
安芸ノ国の野武士
2008年08月25日 13:48
現在37歳、広島で安サラリーマンやっている独身男です。
2ちゃんねるのとある早期リタイアしたがっている人達の掲示板を見ていると貴殿のブログが紹介されてましたので書き込みさせていただきます。
自分は年金を掛けなければいけない25年を超えた45(専門学校卒で20から働いているので)から遅くとも50歳で早期リタイア(自分的には若隠居と言ってます)したく思ってます。
最初にいた会社が給料良くて家賃補助もあって尚且つ普通に月100時間を超える残業、年40日無い休日のおかげで家庭の事情で辞めてるときには3500万弱(確かそのくらい)の貯金が貯まっていました。
その後現在までに4900万くらいまで貯めました。
後は8~10年で7000万まで増やして(出来れば7500万!)年210万の生活で趣味に生きていこうと思っています。
かなり変ですよね・・・
安芸ノ国の野武士
2008年08月25日 14:02
若隠居後、最初の1年は失業保険もらいながら職安紹介の訓練学校(受かれば)などでまった~り(その間語学勉強)と、その後4~5年は歴史が好きなので、海外への世界遺産巡りのバックパッカー旅。
帰国後は体力が続けば今やっている趣味のバイクツーリング旅、我流で覚えたカヌー、山歩きなどをやり体力無くなってきたら車中泊での日本ぶらり旅を史跡、名所などを主にやり、寒い時期や疲れて休憩時は細々と趣味の読書、釣り、軽く畑仕事などをまった~りと思っています。
で、お願いなのですが出来ましたら自分的には軽自動車、250ccバイク、諸経費込み1000万程度の郊外の戸建の生活で年210万生活と計算しているのですが、
実際に1年間リタイア生活された貴方の年出費を参考としたいので、税金・保険・諸経費(旅や遊びの予算など)など教えていただきたいのですが。
フリーランス
2008年08月25日 16:37
安芸ノ国の野武士さん
コメント有難うございます。
 37歳で4,900万円の貯金とはすごいですね!それに既にしっかりした「若隠居後」の生活設計を持っている、素晴らしい限りです。
 そんな野武士さんに私が偉そうなことは言えませんが、出来ればぜひ今のご自身の生活費を分析してみてください。というのは「若隠居後」に望む生活レベルは今のレベルがどうしても基準になるからです。
 一般的に夫婦二人で月15万円程度あれば何とか生活出来るらしいのですが、条件が様々で一概に言えませんし当然上を見たらキリがありません。何よりもご自身の今の生活レベルが基準になると思います。
 それをベースにして「若隠居」することによって減るもの(税金・年金保険料・健康保険料など)、増えるもの(趣味の経費など)を加味すれば大体の予算が見えるのではないでしょうか。
 ちなみに私の場合、家内が80歳になるまでの30数年間の生活費をシュミレーションしてみました。その中で最初の10年間に旅行費用を相当厚く予算化しました。なにせそれを目的に早期リタイアしたのですから。さて、その通りに行くかどうか楽しみです。
安芸ノ国の野武士
2008年08月26日 22:27
早速ご返事有難うございます。
そうですね、個人差ありますから参考にならないかもしれませんね。
年間生活費210万は自分の月の生活費×1.5(今かなり節約しているもので)+若隠居後暇になるのでその遊戯費+10%のインフレ率で計算していますが、今後物価がどこまで上がるかわからないところですから難しいですね。
ま、独り者ですし現役ですからまだまだ修正はききますのでゆっくり計画建てます。

この記事へのトラックバック