"セカンドライフプラン" こうやって検討しました

画像


早期リタイアも3年目に突入です。前回書いた通り今のところすこぶる順調。我ながらその先見性・分析力・企画力・実行力には感心します。誰も褒めてくれないから "自画自賛!"

さて、単なる飲兵衛の私が早期リタイアを決断するまでに何をどの様に検討したのか。3年目突入にあたって「今だから言える。その真実!」 を振り返ってみようと思います。

これでも結構まじめに検討したんですよ。と言っても所詮はサラリーマン時代にかじった中途半端な知識を自分勝手に活用しただけですが。

シックスシグマ。統計学を駆使して企業活動の各プロセスの効率化をはかる手法です。PDCAサイクル。シックスシグマのベースになった考え方です。(釈迦に説法。馬耳東風?関係ないか)

まあ、この経済危機で「選択と集中」「効率化と生産性の向上」という企業スタイルに風当たりが強くなっており、その意味でこの手法にも翳りが出て来た様ですが、論理的に物事を考える方法として私は日常生活にも十分活用出来るものだと思っています。

 1.何が問題なのか?どうなったら良いのか?
 2.その問題は何が原因で起こっているのか?
 3.その原因の解決策は何か?
 4.その解決策を実行した結果は?

余談ですが、この「問題」と「原因」と「解決策」をごっちゃにして話す人って結構いますよね。政治家に多いタイプですか?曖昧な論点で喋る人、はたまた何の根拠もなく「絶対にこうなんだ!」と言い切る人。

しかもこのタイプの人、よく「定義」がブレます。今まで"赤い"リンゴについて話していたはずなのにいつの間にか"黄色い"リンゴなっている。同じリンゴでも色(定義)が違うでしょ。しかも本人がそのブレに気づいていないから始末に悪い。

さらに、このタイプの人はあまりにも自信たっぷりに喋るので聴き手には何となく耳障り良く?聴こえてしまったりします。「なるほど!」と感心したりして。困ったことです。往々にしてこういう人が「結果」をいい加減にするんです。(今度の選挙では気を付けよっと!)

日常の会話ではこの手の"曖昧さ"が面白く人間臭い魅力?なんですが、論理的なディスカッションには向きません。苦手だなぁ~。

余談が長くなりすぎ!次回に続く・・・・・!かどうかは気分次第?

画像

画像

画像画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック