泉谷しげる 奉納ライブ

画像


8月15日(土)13:00~、例祭で賑わう富岡八幡宮の境内で泉谷しげるさんによる奉納ライブがありました。すごかったぞ~!自身の「春夏秋冬」を前座にして忌野清志郎さんの「雨上がりの夜空に」を熱唱。それはもう感動もんでした。

さらに、ライブ後の舞台裏でマラソンを走り終えたアスリートのごとく椅子に倒れ込んでいる姿にも迫力がありました。本当に良かった!しばらくして出てきた時に握手してもらったタコさん、もう感激!

ところで全く関係の無い話しですが、このライブについて書かれたいくつかのメディア報道を読んでいてつくづくメディア・リテラシーの難しさ、自分が直接現場で見たことと報道との差(私の勘違いも含めて)を実感しました。

「事実」を伝えるのが「報道」でしょうけど、どう伝えるかというところに作為が入ります。まるで伝言ゲームのように「事実」が変わってしまったり。報道とはそういうもの、というスタンスが受け手の側に必要なんでしょうね。

重箱の隅の話をひとつ。ライブの中で泉谷さんが「忌野清志郎さんをまつる」と言った言葉を「祭る」と書いたメディア。日本語的には間違ってないんでしょうがその感性は如何なものか。奉納ライブなんだし、泉谷さんの中では亡くなってないと言ってるし、この場合は「奉る」の方が・・・・・。文字通り重箱の隅の話でした。

*デジカメの時間設定が2分ほど遅れていたことに気が付きました(12:58→13:00です)。あしからず。

画像

画像

画像画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック