得るもの 失うもの

画像


2年以上経って今さら何ですが、早期リタイアを決断する前に考えたこと、その一つが早期リタイアによって「得るもの」「失うもの」は何か?です。

特に、「失うもの」について、思いつく事を洗い出して「本当にそれを失って良いのか?」と自問自答しました。なにせ一度決行したら取り返しがつきませんから。

日頃、「早期リタイアなんて所詮エイッ!ヤッー!だ」などと言っていますが、まあこの程度は考えた訳です。何事にも「まっ良いか!」が信条の割りに臆病者ですから。

さて、早期リタイアで失うもの、裏返せばサラリーマンでいることのメリットとは?(あくまでも会社の業績が順調で自分もそれなりに評価されているという前提のお話ですが)

経済的なメリット
 ・安定した収入が得られる
 ・住宅手当など各種の補助がある
 ・疾病/怪我などに対する様々な保障がある
 ・団体生命保険など有利な制度を利用できる
 ・有給で休暇が取れる(他に特別休暇も)
社会的なメリット
 ・社名、肩書きから体外的な信用が得られる
 ・多くの人脈を作ることが出来る
 ・顧客とのつながりをプライベートでも活用できる
 ・情報が入りやすい
 ・人との接点が多く刺激になる
精神的なメリット
 ・生活のリズムが安定している
 ・収入に関するストレスが無い
 ・仕事の達成感/満足感が得られる
 ・常に良い緊張感がある
その他のメリット
 ・総務的な作業(税金・保険など)を代行してもらえる

どうでしょう。他にも色々あるんでしょうね。でも、良く考えるとこれらは早期リタイアに限って失うものではなく普通の定年退職でも一緒です。

では、”早期”限定で失うものとは何か?何だと思いますか?それは、言葉の通りこれらを”早期に”失うということです。バカバカしい話で申し訳ありません。ハッハッハッ!

あと数年稼げたはずの収入が無くなる、あと数年広げられた人脈がこれ以上広がらない、等など。

でもまあ、収入面を除けばリタイア後でも何とか補完出来るのでは無いでしょうか。社会的信用という部分で「新規のクレジットカードが作れない」「賃貸に入居しずらい」などあるようですが。

私は十分補完出来ると踏んで決断しました。さて、その結果は?ほんとに書きたかったのはこの後のことです。長くなったので次回へ続く!・・・かな?

画像

画像

画像画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック