「早期リタイア」 パンデミックの兆し?!

画像


世の中では新型インフルエンザがパンデミック状態ですが、早期リタイアも密かに?希望者が増殖している様です。「早期リタイア」でググッた時のヒット数が半端じゃない。こんな私のブログでもアクセス数が増えてます。

良いですね~。嬉しいですね~。50歳定年制?を推奨している私にとって楽しみな流れです。思い立ったが吉日、どんどん始めましょ!早期リタイア。こっちの水は甘いぞ~!

ネットを見ていると、経済的な問題や制度上の疑問、利殖・資産運用の話しなど種々雑多。みんな真剣に考えているんですね。私のブログなんか見ない方が良いかも!?まあ反面教師ということでご容赦。

ところで、早期リタイアの社会的メリットのひとつは?就労の流動性だと思います。老兵が少しでも去ればそれだけ若者にチャンスが廻って来る。労働人口の減少は日本にとって長期的な課題なんでしょうが、今はそれよりも若者の雇用です。

「私に取って代われる人材がいない」などというのは年寄りの驕り。ことビジネスの世界において代替出来ないことなんてありません。逆に、あったら困るでしょう?その人がいなくなったら会社が終わっちゃうんだから。

そもそも自身の代替となる人材を育てられないのはその人にマネージメント能力が無いから。←ちょっと言い過ぎ?スミマセン、筆が滑りました。

私が愛読しているかんべえさんの「溜池通信-かんべえの不規則発言」の11/11のエントリーに次の様に書かれました。

企業再生について、
変化をもたらすことが出来るのは「よそ者と若者と変わり者」。そういう人材を取り込むことができる組織は再生のチャンスが大きくなる。逆に言えば企業を停滞させようと思ったら「よそ者と若者と変わり者」を使わなければいい。特に若者が腐ったらその組織は確実にダメになります。


若者の腐らない日本であってほしいものです。我々年寄りへの優しさはまあこれぐらいにして。

画像

画像

画像画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック