語りの難しさ

画像


情報とか知識って、何かの目的をもって習得しますよね。試験のためとか資格取得のためとか仕事のためとか社会生活のためとか趣味のためとか、はたまた教養のためとか。

*社会生活のためとは、社会儀礼とか年金とか税金、医療とか保険の知識のつもりです。勝手な解釈なんで分かりにくかったらご容赦。

さて、試験・資格・仕事・社会生活・趣味のための情報・知識はそれを習得する目的、つまりアウトプットの目的が明確です。それに対して、たぶんリタイア後に習得する情報や知識として一番多いと思われる「教養」についてはアウトプットの目的がはっきりしません。そもそもアウトプットが必要なのか。

例えば、政治についてものすごく詳しい人。新聞のすみからすみまで熟読していて知らないことはない。でもそれを知って何になるんだろう。いえいえ、そんな言い方すると身も蓋もありませんが、その知識習得の目的はなに?

それって、言葉は悪いかもしれませんが自己満足ですよね。自身が高まれば良い。また、自分として支持する政党が決められれば良い。その通りです。でも人間、知ってることはなかなか内に秘めておけないもの。喋りたいですよね、でもそれが問題、ってお話しです。相変わらず理屈っぽい。

同じ内容を語っても感心される人と疎ましく思われる人、尊敬される人と嫌われる人がいます。そんな風に聞き手の印象に差が出来る要素には何があるのか。

知識の正確さ、喋り方・態度・物腰、などですかね。さらには、喋り過ぎず相手が知りたいことについてだけ話す人と、相手が聞きたくもないのに蕩々と知識をひけらかす人、この違いは大きいのかも。

谷中霊園の徳川廟の前で話しを聴かせてくれた方、その辺りがつくづく上手かった。あんな語り部になりたいな、と暴走老人恐怖症の私として思った次第です。まあ、その前に勉強か!ハッハッハッ!

画像

画像

画像画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック