不幸の手紙

画像


不幸の手紙が来る季節です。例の「喪中につき 云々」ってやつ。3年連続の人がいました。4年に3回の人も。知人も私もそういう歳なんですね。寂しさつのる、秋深し。

圧倒的に「親」ですが、たまに「本人」も。前に「若い世代のために我々世代が出来ること、それは財産を吐き出すことと早く死ぬこと。」なんて殆ど冗談で書きましたが、さすがにちょっと早過ぎる。まあ、いくつだったら早過ぎないのかは分かりませんが。


全く話し変わって、どちらかと言えばデジタル人間のつもりです。でも、例えば不幸の手紙がメールで届くとちょっと困る。本来、情報さえ伝われば形式は何でも良いはずなんですが、意外と割り切れないアナログ人間なのかもしれません。

年に一度、年賀状だけのご挨拶、それだけで繋がっている、そんな知人がいます。そんな人に突然メールで新年の挨拶もなあ、という感性の私です。

ということで、いまどきアナログの典型の年賀状、まあ取り敢えずは続けることにしますか。特に止める理由も見当たらないし、ほっといても出す相手が勝手に減ってくんでしょうし。おっと!さすがにプラック過ぎました。失礼。


画像

画像

画像画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック