風邪を引きました

画像


久しぶりの風邪、「気が緩んでるから風邪を引くんだ!」と言う説が正しければ全くその典型です。

一方、「バカは風邪引かない」と言う説もある。「だから私はバカではない」ってなことは置いといて、ふたつの説が正しいとすれば「気が緩んでいればバカではない」、つまり「緊張感無くボーッとしていればバカにはならない」っていうのも正しい!?さて、真偽の程は?

もし「偽」だとすればどこに事実誤認や論理の飛躍あるいはスリカエやゴマカシがあるのか?いつもこんなことばかり考えてるヤツがマスコミや役人の言う事にことごとくツッコミを入れるタイプなんだろうな。鬱陶しい。私を含めて。

「社長は会社の最終意思決定権者である」「社員は会社の意思に従う義務がある」。このふたつが「真」ならば「社長の意にそぐわない社員は辞めるべきである」も「真」。

この話題だけで1~2度飲めそうです。「いくつかの前提条件が満たされれば真」だなんて言ったりして。風邪の熱にうなされながら次の飲み会での話題を考えていた私です。

閑話休題。風邪のお話し。

ご幼少の砌?風邪引いて「今日学校休んでいいよ」と言われた途端になぜか嬉しくて元気になったことがよくありました。あの嬉しくて寝てられないほどのワクワク感ってなんだったんだろうね。実は、なぜか久々にそんな気分になりました。何のプレッシャーも無いプータローのくせに。楽しかった。

ただ、寂しいことに衰えも感じました。今までだったら早めに薬を飲んで一晩寝れば治った風邪ですが、二晩寝てもスッキリしない。食事もすすまない。この私が酒も飲みたくない(飲みましたが)。風邪薬の副作用?で便秘。初めてです。

でも二日間の節制でムリヤリ復活させました。昨日、秩父宮ラグビー場であった大畑のラストゲームをどうしても見たくて。林、平尾、大八木、ウィリアムスの時代から神戸製鋼コベルコスティーラーズのファンでした。残念ながら今は当時の面影はありませんが。

ラグビーの面白さはやっぱりつなぐこと。キックではありません。その意味で昨日のサントリーは面白かった。ファンになりました。おっと、我がブログの大家さん、BIGLOBE(NEC)グリーンロケッツを忘れておりました。失礼!

2019年、ラグビーのワールドカップ開催地は日本です。「FIFAワールドカップ、夏季オリンピックに次ぐ世界で3番目に大きな大会」の割りにはなぜか認知度が。協会会長の森喜朗(さん、老兵が去る前の有終の美?として少しは力を入れて頑張られては如何ですか(去るつもりは無さそうですが)?

なんとも脈絡の無い話しでした。まだ風邪が治ってない?ハッハッハッ!


画像

画像

画像画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック