組織って?

画像

あなたの所属する組織(会社)では、担当交代のとき後任が「前任者の意志を引き継いで」とか「足跡を汚さぬよう」なんて挨拶をしたりしますか?なんでって、実はこれ、その組織の有り様をよく表していそうなんで。

担当交代する理由、少なくともそれなりの役職者の場合には「組織を今より良くするため」のはず。前任者を踏襲する、つまり現状維持するんだったらあんたは要りません。

外資系企業のトップ交代でよく見られること、それは就任直後の組織変更と人事異動。アメリカ大統領と同じ。何故なら交代の目的が「今より良くする」ためで、そのためには「前任者の否定」が必要だから。

まあそれも極端ですが、たとえ社交辞令でも今時そんな挨拶をしたら資質を疑われますし、もし本気でそう考えているとしたら既に終わってます。そんな挨拶が当たり前の組織だとすれば、一刻も早く早期リタイアを!って冗談です。


目的があって組織化されたものがそれこそ「組織」のはず。でも往々にして時間と共に腐ります。本来の目的から逸脱して既得権やらナンやらが蔓延るから。事業仕分けで総支出を押さえられたときに住民サービスを最初に切った独法が典型。存在理由がありません。

ということで、組織を作るときにはその「潰し方」まで考えて作るべきでは、と思います。昔の日本家屋のように。特に、勝手に潰れていく民よりもなかなか潰せない官の方で。まあ、今はそれよりも「既存組織の潰し方」を考えるほうが先かもしれませんが。

いつも「文句ばっかり言って」とタコさんに怒られてます。ハッハッハッ!




実は、この雑文のキッカケは近所の消防署で「消防団員募集」のポスターを見かけたこと。一般常識に疎い私は何で「消防署員」じゃなくて「消防団員」なの?っていうことで調べてみたのがキッカケです(そもそも消防署員ではなく消防吏員が正式な呼称だそうで)。

「消防団とは、昭和23年に制定された消防組織法に基づき、地方自治体に設置が義務付けられた組織で、その構成員である消防団員は法的根拠のある非常勤の特別職地方公務員。よって僅かではあるが年報酬・退職報償金・活動ごとの活動手当などの報酬が支給され、怪我等の補償制度もある。全国に90万人弱、うち70%がサラリーマン。団にはラッパ(喇叭)手の設置が必須。等々。」

しかして、その実態はこんなんとか。ますますタコさんに怒られそうです。ハッハッハッ!



画像

画像

画像画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック