浅草の食べ物屋さん

画像


浅草の食べ物屋さんについて以前にも同じ様なことを書きました。とにかく、どんなお店でも客が入る土地柄、そんな中で特にテレビやガイドブックで紹介されたお店なんて凄いことになってます。

でも、ちょっと考えてみてください。星の数ほどある食べ物屋さんの中からテレビで紹介するお店をどうやって選んでいるのか。メディアリテラシーなんて以前に、なにやら胡散くさいものを感じませんか?たとえもし本当に美味しかったとしても、凄い数の客が押し寄せたあとその店がどうなるか、分り易い結末です。

ということで、私の浅草のお店選びの基準。テレビで紹介された店には行かない(私が先に行ったお店は別ですが)。次に、行列の出来ている店には行かない。相変わらず天邪鬼です。でもこれが結構正解。

最悪なのが、そんなポリシーを持っていながら、テレビで紹介されたことを知らず、たまたま行列が出来ていなかったお店に入ってしまったとき。

その一例。カウンターだけの中華料理屋さん。特製?餃子でイッパイやりながら次のメニューを考えようと。でもそれが口に合わなかったので早々に失礼することに。すると二度と来ない一見さんと思われたのか(その通りですが)、料金を誤魔化されました。さすがに初めての経験です。ここはどこ?状態。

カウンターだけの中華料理屋でテーブルチャージがあるとも思えず、これが「一見さん相手の浅草の食べ物屋さん」の真骨頂なんでしょうね。それにしても酒一杯と餃子だけで料金を誤魔化すって凄くないですか?でも、そんなお店もネットのクチコミを見ると絶賛。客が自分で冷蔵庫からピールを取るのが良いらしい。ふ~ん。


旨いとか不味いとかは好みです。ミシュランの三ッ星だろうと不味いものは不味い。お店の雰囲気も同じ。頑固オヤジが良いという人もいれば、それを嫌う人もいる。色んな好みがあって当然です。誰からも「それはおかしい」なんて言われる筋合いではありません。

でも、誰にでも共通する必要最低条件(ミニマムリクアイアメント)、それは「清潔」じゃないでしょうか?食品を扱う店である以上、「清潔」は料理以前の問題、料理人としての最低限の基本だと思います(かの中華料理屋にはそれが・・・)。

昔、「庖丁人味平」って漫画が少年ジャンプに連載されてました。料理人の勝負を扱った漫画でしたが、お吸い物勝負で一つまみの塩が足りなかったのに「汗」が入ったおかげで丁度良い味になって勝負に勝ったとか。漫画の筋書きとしては面白いんでしょうが、あなたはそのお吸い物を飲みますか?その前に、お吸い物に汗を入れる料理人って何なの?と思いませんか?

良い店の選び方。それは「掃除が行き届いている」かどうか。「由緒ある」「古い」のと「掃除してない」「汚い」のとは違います。私の勝手な判断基準です。私はマナ板の汚いすし屋には二度と行きません。

(浅草の住人としてさすがにご立腹。ちょっと激しい文章になってしまいました。ご容赦!)


画像

画像

画像画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック