節電しない?!

画像


最近ドンドン過激になってます。昨夜の飲み会で「私は節電しない!」と言い切って総スカンを食いました。当たり前だよね、このご時世だもの。

何故そんな事をほざいたのか、言い訳させて頂くと理由は1つ。「当事者たる東京電力が、供給を増やすために、あるいは節電のために、自らがどんな努力をしているのかが見えない」からです。

夏場の需給バランスということは少なくともあと2ヶ月半あります。その間に当事者自ら何に取り組んでどうするのか。顧客に我慢を強いる以上、そんな工程表を顧客に分り易く示し、具体的に行動して然るべきだと思います。

長年営業をやってきた人間にとって、そのことに物凄い違和感を感じます。顧客に迷惑をかけるなんてこと、企業としてあってはなりません。そんなことが起こらないように企業努力しています。万が一そんな事象が起ってしまった場合でも、まずは自らが出来ることを徹底し、顧客の迷惑を最小限にしようと努力するものです。

そういう行動があってこそ初めて顧客と企業の間に信頼関係が生まれ、マーケティングでいうところの Win-Win の関係になれるのです。東電がそんな関係を必要としない企業であることは理解してますが、それ故に納得は出来ません。

メディアも「節電」一色ですし、皆さんも一生懸命節電方法を考えて実行されてます。「被災地のために」とか「皆んなで頑張ろう」とかを合言葉に。エ~シ~!

これって日本人の良いところだとは思いますが、「それとこれとはちょっと土俵が違うんじゃないの?」って一歩引いた目線も必要だと思います。節電する前提として、まずは東電に「具体的」な「血の出る」ような行動を求めても良いんではないでしょうか?


★ 因みに・・・、かくいう私は究極の節電を実施中です。それは東電管轄から離れること。震災直後の2週間、さらにこのあと数週間離れます。「節電」ではなく「断電」です。ハッハッハッ!

★ 因みに・・・、私の死んだオヤジは電力会社に勤めてました。東電ではなかったけど。ハッハッハッ!


画像

画像

画像画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック