生命保険 どうする?

画像


社会人になって何の考えもなく勧められるまま生命保険に加入しました。皆さんも結構そんなんじゃなかったですか?生保のオバちゃんがオフィス中を徘徊してたりして。生命保険に入るのが当たり前、そんな時代でした。

今考えると凄いビジネスモデルですね。大勢のオバちゃん(失礼!)を雇って最初にその親類縁者と知人を加入させ、そこからさらにドンドンと。そしてどんな街にも駅前の一等地には必ず生命保険会社所有のビルが何棟か。

今だにそれで成り立っている?これぞ未来に残すべき日本の原風景、なんてね。

 ☆

さて、還暦を迎えるにあたり頻繁に契約内容の変更を勧める連絡が入ります。終身保険の保険料の払込期間が終わるんで。

面白いですね~。今なら本当に良く分かります「保険会社が勧める保険には入るな!」っていう意味が。私、幸か不幸かとにかく暇なんでジックリと内容を吟味出来てしまいます。

 ☆

それにしても凄いよね、終身保険の掛金総額と最終的に返ってくる一時金の差。保険だから、と言ってしまえばそれまでですが、年数とか経済成長率とか考えるまでもなく、あまりにも「ご無体な♪(香西かおり)」差額です。

さらにはガン保険。ガンになる確率は1/3。だとすればガン保険と全ての疾患をカバーする医療保険とを比べたときその掛金は1/3で良いはず、ですが。

入る前に気がつけば、なんて典型的あとの祭りです。

 ☆

ところで、加齢と健康。先の人間ドックじゃないですが、誰しも年令と共に否応無く受療機会が増えます。

既に入ってしまっている医療保険とガン保険。ここは既得権?を生かし変わらない掛金で継続ということで。

そして何とか活用して元を取りたいもの!!うんっ?それって良いの?悪いの?ハッハッハッ!


画像

画像

画像画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック