悲しい性?!

画像


相変わらずリハビリに通ってます。お釣りのいらないように310円を握りしめて。首を引っ張ってもらいながら、同じようにリハビリしてるジッチャンバッチャンの世間話を聞くともなく聞いてるのも相変わらずです。

中にはちょっとボケ気味?で、リハビリの先生を相手に何度も同じ話を繰り返してるジッチャンバッチャンもいます。仕事の話、出身地、学校、家族、知人、事件、政治、などなど。

面白いのは、ボケ気味の人が繰り返す話のほとんどが「自慢話」か「愚痴」だってこと。人間、タガが外れたらそんなもの?男女差もあってなかなか興味深い。

ということで、本当は「聞くともなく」ではなく「耳を澄まして」聴いてます。そのせいか、既に何人かのジッチャンバッチャンの話は本人に代わって私がお話出来ます。まったく意味無いけど。

 ☆

さて、人のフリ見てなんとやら。もし自分がボケたらどんな自慢話を繰り返すんだろう?なんて考えてみました。

仕事では33年間同じ会社に勤めたという以外に特に自慢出来るようなことも無かったし、自慢するような地元や学校でもないし、何かを極めたわけでもないし。なんだか寂しいね。ボケたらひたすら無口ってか?

旅行ぐらいは自慢できる?FXはちょっと無理?う~ん、考えてみたら自慢ネタの少ない私です。そうだ!早期リタイア!、これぐらいはなんとか。でも、人から見たらそんなの自慢ネタじゃないのかも。嫌われるタイプのボケ老人になりそうです。

 ☆

閑話休題

遠藤周作さんがよく使ってた四文字熟語。その遠藤周作さんが、男には突然「わぁ~!」って叫びたくなることがある、っていう様なことをどこかに書いてた気がします。

昔のほんのちょっとした言動、人から見たら取るに足らないことを突然思い出し、急に恥ずかしくなって思わず「わぁ~!」って。

たとえば、飲み屋でちょっと口走った一言、友だちとの議論で熱くなったこと、意に反して何故かとってしまったそっけない素振り、柄にも無く発した甘ったれた言葉など。人知れずそんな些細な事象を一生引きずってるのが男の悲しい性だって。

良いのか悪いのか、その意味が何となく分かる歳になりました。自慢ネタは少ないけれど、最近心の中でわぁ~わぁ~って叫んでる私です。ハッハッハッ!


画像

画像

画像画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック