収支計画 補正

画像


米寿までの収支計画を作り、「これなら行ける!」と飛び込んだ早期リタイア。今までに何回か補正してますが、先日改めて見直しました。なにせ年金やら税金やら、やたらとルールが変わるんで。

頑張った結果、現行ルールに則った30年先の収支計画が1円の単位までバッチリ。我ながら凄いです。リタイアしてからExcelで遊ぶ機会が少なくなった今、美しく完成した表を眺めてニタニタ喜んでます。

 ☆

でも、もともと綺麗な表を作ることが目的ではなく(当たり前、ってか)、可能な限り誤差の少ない収支計画を作ることが本来の目的。表に色つけてニタニタ喜んでる場合ではありません。

年金の受給額とそれに伴う所得税、地方税、国民健康保険料、国民年金保険料、さらには消費税。もし現行ルールが継続するのであれば何十年先まででも収支計画は作れます。

問題なのはルールがコロコロ変わること。こればっかりは予測不能。そのたびに計画補正が必要です。

それでも、我々が若かりし頃の様に何もが右肩上がりだったならそれも良いですが、今の世の中、現状の経済状況もやってる政策も右肩下がり。この先場合によっては「これなら行けない!?」ってなことになっちゃたりして。

 ☆

事程左様に、収入と支出が安定しているリタイア人でさえ行く先が不安定な今の日本、若い世代の閉塞感は幾ばかりか。過去最低の出生率は当然の帰結。

「稼ぐに追いつく貧乏無し」というけれど、一方で啄木のように「働けど働けど なお我が暮らし 楽にならざり じっと手を見る」なんて人もいる。特に最近では前者の方がマイノリティー?!らしい。

すべての政策とか行政とかが「それは子供のためになることか?」という切り口で評価される国って老いゆえの理想論でしょうか?でも私はそんな国が好きなんです。ハッハッハッ!


画像

画像

画像画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック