浅草に今を見る

画像


浅草に住んで10年、結構いろんな食べ物屋さんを開拓したつもりですが、とても制覇し切れるような数でもなく、未訪先がゴロゴロ。お店の入れ替わりも頻繁だし。

そんなお店の新規開拓は私の役目。実は月一でタコさんが実家の手伝いに帰るんで、そのとき留守宅を預かる?私の役目が新しいお店を探すこと。どうせ一人で外食なんだし。

ということで、今回も一人で新規開拓に勤しんだわけですが、そこに今の世の縮図を見てしまいました。いえ、別にそんな大層な話じゃありませんが。

 ☆

今回は焼き鳥が食べたくて初めてのお店を2軒ハシゴ。

最初のお店は場所も良く一見老舗風。でも入って即ガックリ。客商売の真剣さが全く感じられません。2代目なのか3代目なのか、全くヤル気のない若者とその母親と思しき2人。味も想像通り。たぶん先代から引き継いだんでしょうが、惰性でやってるのがアリアリと。

2軒目は3人の若者がやってるお店。青山か麻布にあってもいいようなお洒落な佇まい。一生懸命やってるのがひしひしと伝わります。味もそこそこ。メニューの多さや値段設定も頑張ってます。でもテナント料で大変なんだろうな。

 ☆

格差社会なんて語って良いのかどうか。前に書いた既得権に守られてる人と頑張っても報われない人、上の2軒にその事例をみました。

テナント料も要らないし1日数人の客が来れば生活出来ちゃう1軒目に対し、テナント料や改装費用に追われ、多種のメニューのための在庫に追われる2軒目。

このデフレの中、外食数は頭落ち。努力に応じた客数の増加はなかなか見込めません。もし外食する人の数がどんどん増えている時代なら2軒目のお店が満員御礼で万々歳ってことなんでしょうが。

もともとの有り様の差が現実の大きな差となって頑張ってる若者たちに覆い被さる、こういう時代だから余計にこういう格差が生まれるんじゃないかと。

 ☆

とはいっても、1軒目には未来がありません(私と一緒!?)。それに対して2軒目は化ける可能性があります。本当に大変だろうけど。少なくとも私は2軒目を応援します。1軒目には二度と行きませんし(浅草にはこんなお店が結構多いんです)。

ところで、タコさんが留守なのにこんなに品行方正な私って本当に素晴らしい!?ハッハッハッ!


*早期リタイア総集編に手がつきません。いろいろ迷っちゃって。いつになることやら。


画像

画像

画像画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック