★ 総括4 知って得する制度いくつか

画像


知って得するっていうか、知らないと損する制度がいろいろ。まあ、早期リタイアに限らず退職した時には必ず関わってくる制度ですが。

 ☆

まずは退職金。一時金で受け取るのか企業年金にするのか。オススメは一時金。何故なら今のところ非課税枠が大きいし、一方の企業年金はいろんな意味でリスクを伴うから(JALとか?)。

一時金の非課税枠とは、勤続年数20年超の場合、800万円+70万円×(勤続年数-20年)です。更にはオーバー部分は1/2のみが課税対象。

例えば、勤続38年(22歳で入社し60歳で退社)で退職金が3,000万円だったとすると、2,060万円までが非課税、残り940万円の半分470万円が課税対象収入です。つまり3,000万円の退職金を一時金で受け取った場合、470万円の収入に対する税金だけで済むということ。

ただ、早期リタイアの場合には企業年金にしても60歳の受給開始までの期間が長いので利率次第では得になることも。まあ、昔ならいざしらず今どきは有り得ないんでしょうが。

 ☆

次いで失業給付。計算方法はネットに一杯出てるので省略。ただ、現行制度では45歳以上60歳未満に対する基本手当日額が一番高い。早期リタイア万歳!

ただし、受給資格は「就職する意志があって現実的な就職活動をしている方」。早期リタイアなんてトンデモナイ!実は私もチャンと就職活動しました。でも良い就職先が見つからず心ならずもリタイアせざるを得なかっただけです。ホント。

 ☆

さて次が年金。検討が必要なのは「年金保険料の免除申請」と「老齢基礎年金の繰上げ請求」の2つ。これをするのかしないのか。私は両方とも申請しました。

免除申請の結果、夫婦2人で保険料を190万円ほど支払わずに済み(その分年金額は減りますが)、80万円ほどが支払ったものとして年金額の算定に組み込まれました。また、5年前倒しの繰上げ請求では年金が30%減額されましたが75歳までだったらコッチのほうが総額でお得です。

キリギリストの処世訓、「明日の百より今日の十」「美味いものから先食べる」「いつまでもあると思うな親と金」「年金は貰えるうちに貰っとけ」。どうせこの先もルールがコロコロ変わるんだろうし。

 ☆

健康保険。国保保険料の算定基準は前年の収入。つまり、退職してすぐに社保から切り替えるとサラリーマン時代の年収が算定の基準となり思わぬ高額になることも。そんな場合は組合健保の任意継続を選択。私はそうしました。

そして前年無収入という履歴を引っさげ、いざ国保へ。これで7割の減免が適応されます。

保険料は所得割額+均等割額で算定されます。つまり、前年無収入だと当然所得割額はゼロ、一方2人家族で11万円(1人約5.5万円)の均等割額は7割の減免が適応されて保険料の総額は年3.3万円。

さて、どれだけ得したのか?比較が難しいですが、普通に年金収入がある2人家族の保険料が年間20万円程度?それが3万円前後で済んだということ。小さな声で早期リタイア万歳!

ところで、ちょっと前から首を痛めてリハビリに通ってますが、首の牽引が1回で310円。毎日通ったとするとそれだけで年10万円です。事程左様に医療費ってアッという間に膨らむもの。健康には気をつけなくっちゃ。でも酒は止めません。

 ☆

最後に確定申告。昨年分から年金受給者の確定申告が不要になりました。正確にいうと年金収入が400万円以下でその他の所得が20万円以下の場合に不要とのこと。たぶん殆どの年金生活者はこれに該当するんじゃないですか?

一体どれだけの人が確定申告をしなくなるのか。日本の人口は65歳位以上が3,000万人弱、60歳以上だと3,700万人前後。ということは年金受給者って2~3,000万人ぐらい?そのうち該当者数は?税務署さん、お仕事が減って良かったね。

んっ?そういえば確定申告が不要ってことは還付請求出来るのにしなくなる人も増えるってこと?全く頭の良い人が考えることって。

まあ、私は確定申告をします。どうせ地方税の申告が必要だし、何と言っても年金から源泉徴収された所得税を医療費控除なんかで還付してもらわなくっちゃ。久しぶりに年末調整の楽しさを味わわさせて頂きます。ハッハッハッ!

だいぶ長くなっちゃいました。あしからず。


《 関連過去エントリー 》
 失業給付
  ■ 2008年03月14日  失業保険は¥1,162,500
 年金
  ■ 2008年02月12日  年金を払わずに済ます方法?!
  ■ 2009年07月05日  年金保険料 免除申請
  ■ 2011年08月21日  老齢基礎年金 繰上げ請求
  ■ 2011年11月04日  老齢基礎年金 繰上げ請求 2
  ■ 2012年01月18日  ねんきん定期便
  ■ 2012年01月21日  2011年決算と年金申請
  ■ 2012年02月28日  年金証書 寂しくもあり
  ■ 2012年03月25日  年金 繰上げ請求 決定通知書
  ■ 2012年06月13日  年金額 改定通知書
  ■ 2012年08月06日  年金免除通知が1通
 健康保険
  ■ 2009年04月13日  組合健康保険から国民健康保険へ
  ■ 2009年06月16日  \28,980- え~っ?
  ■ 2010年06月17日  国民健康保険料納付通知書
  ■ 2011年06月21日  平成23年度 国民健康保険料
  ■ 2012年01月26日  確定申告
  ■ 2012年06月01日  退職者医療制度
  ■ 2012年06月19日  平成24年度 国民健康保険料
  ■ 2012年08月30日  早期リタイアってお得?
 確定申告
  ■ 2009年01月17日  確定申告
  ■ 2009年02月02日  地方税 第4期 納付
  ■ 2011年01月16日  決算の時期になりました
  ■ 2012年07月05日  恩恵に代わるもの?
* 記事中のリンク先や情報は当時のままでメンテしておりません。ご容赦。


《 総括目次 》 2012年11月 作成
  ★ 総括1 前書きのようなもの
  ★ 総括2 後で気づいた成功要因?
  ★ 総括3 計画作りも楽しみの一つ
  ★ 総括4 知って得する制度いくつか ← 本エントリー
  ★ 総括5 体験して初めて分かる変化あれこれ
  ★ 総括6 結局早期リタイアして良かった?
  ★ 総括7 後書きのようなもの


画像

画像

画像画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック