早期リタイア5年間の収支決算

画像


クレジットカードの請求などが出揃って昨年の収支が確定しましたので、例年通り年間の収支決算と確定申告書を作成しました。

今回はついでに早期リタイアの5年間を通した計実も振り返ってみました。なにせ暇なもので。

実際は早期リタイア生活をスタートしたのが2007年9月、それに対して収支計画は1月~12月のカレンダーイヤーで作ってますので多少期間のズレはありますが。

 ☆

さて、「収入」は年金だけ。計画というレベルではなくほとんど決定。なんで、そっちは取り敢えず置いといて「支出」の方をまとめてみました。

具体的な金額はいつもの様にご勘弁頂くとして、早期リタイアの5年間の毎年の「支出計画」に対する「支出実績」は次のようでした。

画像


ご覧の通り、「支出が計画よりも8%少なくて済みました。バンザイ!バンザイ!」という結果です。

そうは言っても、元々が預貯金を取り崩す支出計画。タコ足状態。つまり、吸盤の1つか2つぐらいはちょっと減りが遅くなったかな?っていうこと。

一番大きな誤差を生じた費目は「旅行費用」。これが早期リタイアの目的だったので目一杯予算付けしていた結果です。まだまだ行ける?

いやいや、この程度では2%のインフレと5%の消費税増税でアッという間に消えちゃいます。ホント、そういうことだよね。寂し~い!恐ろし~い!



ところで、考えてみたら毎年、前年実績を踏まえて収支計画を見直してますので収支結果が想定内なのは当たり前。

特に、食費や光熱費や住居費、被服費や通信費などの一般生活費なんてほとんど誤差がありません。

さらに昨年マイナスのFXも、あくまでもギャンブルとして通常の予算とは切り離して別枠で遊んでるんで赤字でも本体に影響せず。枠を超えて負けたらその時点で終わり。気楽なもの。ハイ、心底負け惜しみです。クヤッシイ~!

ということで、これからの支出計画の中で想定が難しいのは医療費ぐらいかな?「でも病気になれば旅行に行けないし予算的にはOK?」なんて言ってないで、健康注意!

 ☆

さて、昨年から始まった年金受給。源泉徴収されてるので確定申告で還付が。久々に年末調整の楽しさを味わってます。それにしてもクヤッシイ~!!!


画像 画像 画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック