たった2分で

画像


草木も眠る丑三つ時、その漆黒の闇にしずむ2分の間に13.5兆円が消えて再び現れた!?

24日、AP通信ツイッターがハッキングされたサイバーテロ。その瞬間に起こった米株の暴落とゆり戻し。その金額たるや13.5兆円だったらしい。

誰かの財布の13.5兆円が一瞬で消えてなくなり、それが瞬時に他の誰かの財布にワープしたということ。為替も同じ動きだったのでその総額たるやなんとも笑っちゃいます。

これがすなわち金融サイバーテロ。究極のインサイダー。"他の誰か"の中に犯行グループがいたことは容易に想像出来ます。一瞬で数百億円とか数千億円とか儲けたのでは?これが次の破壊行為の資金源。

 ☆

おこぼれに与りたいもの、なんて悪い冗談ですが、もし東証のサーバーがハッキングされたらそれだけで日本の機関投資家や個人投資家は破綻するんでしょうね。"日本■すにゃ刃物はいらぬ、サーバーハックすれば良い"。

同じことが他の金融システムとか通信システムとか上水道の浄化システムとか送電システムとか、はたまた原発の制御システムでもいえること。東電さん、大丈夫?いやいや原発の場合はネズミで十分か。

テロリストをヘリコプターの熱感知システムで見つけ出したFBI。屋根の上の犯人をサスマタで捕まえた日本の警察。備えは大丈夫?


追)その後、こんな記事(凄惨な画像があるため閲覧注意)を見つけました。追加情報も続々。何が真実なのか?


画像 画像 画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック