戦略と戦術

画像


その昔、マーケティングの講義を受けたときに講師が語った一言、カネが要らないのが”戦略"、カネが要るのが”戦術"。何とも言い得て妙、なるほど!と感心したのを覚えてます。

誠に失礼ながらイロハのイ、戦略(Strategy)と戦術(Tactics)って?

個人とか組織が目指す「どう有りたいか」という自らの理念/想い/目標が"戦略"、それを達成するための具体策が"戦術"。

例えば、「音楽に溢れた人生を送りたい」という想いが"戦略"。これ、想うだけだからカネは要らない。それを達成するために「音楽を勉強する」「コンサートに行く」「音響機器を揃える」などの具体策が"戦術"。これ、カネが要ります。なるほどね。

 ☆

餅を絵に書くのが"戦略"、本物を手に入れる具体策が"戦術"。こっちの方が分かり易い?まあ色んな言われ方をしますが、どっちにしろまずは"戦略有りき"ということ。

個人で言えば、自分の人生「どうありたいか」という想いがスタートライン。これが希薄だとココは何処?ワタシは誰?状態で迷ったりブレたり。この隙間に入り込むのがカルトだったりして。

企業では同様のことを企業理念とかCI(Corporate Identity)あるいは社訓/社是などと表現してますが、企業に限らずどんな組織でもその存在意義とか理由とかがあるはず?です。お題目ではなく。

現役の方々、「我が組織(会社とか役所とか)はこういうことを目指してます。そのためにこういうことをやってます。」とスラスラと言えますか?言えるとすればその組織は健全で良い組織です。おめでとう!

 ☆

さて日本国民の皆さん、「我が日本はこういう国を目指してます。そのためにこういうことをやってます。」とスラスラと言えますか?言えるとすれば日本は健全で良い国です。おめでとう!

なんて老害的なイヤミは止めにして、国の構成員である国民が個々に自律して「こんな国であって欲しい」っていう"戦略"を持ってることがまずはスタートラインなんでしょうね。しかもイメージではなく具体的な条文として。憲法の様に。

多分それがあればカルト的な思想の持ち主が入り込む余地は無くなるんでしょう。

ちなみに私事ですが私は改憲論者です、っていうより追加論者?です。他は一切変えなくて良いから「何を置いても子供が住みやすい国であること」っていう一条文さえ追加してもらえれば。


画像 画像 画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック