わが人生に?!

画像


久々のYouTubeサーフィンです。ひと世代前ですが、裕次郎さん、良いですね。「わが人生に悔いなし」も良い。でも、ココで終わらないのがナナメ?人間。そう言い切れる生き方なんて本当にあるんか?って。

 ☆

忘れもしない高2の秋、気になる女子がいて、そのことを周囲もその女子も感じてるなかでのホームルーム。その女子が議長で「人間の欲望、人は何に満足するのか?」なんてテーマでディスカッション。

一番に私を指名し「○○さん、どんな時に満足しますか?」と聞いてきた。当時からナナメ思考?の私、その性悪さにムカッと来て「目的を達成出来ると確信したとき。実際に達成しちゃったら次の欲望が芽生えます。」とイヤミっぽく答えて見事に引かれました。

お恥ずかしい限りですが、その時から全く成長無く、その考えは今も変わらず。

欲深き人間、必ず次の欲望がフツフツと湧いてくるもの。というより、もし「これで満足!もう十分!」なんてことがあるとしたら、ヒューマンビーイングは既に絶滅危惧種だったはず。如何が?

 ☆

とは言っても、言えるもんなら「わが人生に悔いなし」と言ってみたい。とくに人生最後の時にそう言えるとしたら最高だし。

では、どうしたらそう言えるのか?実は、その方法を考えることって意外と「リタイア生活、何をすべきか」を考えるのと同義です。リタイア人の今、そんなことを考えておくのも一興かと。

ただ、くどい様ですが生存欲が本能の動物たる人間にとって「これで満足!もう十分!」なんてことは有り得ない、というのが持論。どこまでいってもジタバタと。

敢えて有るとすれば「まっ、こんなもんか?」っていう、ある種アキラメとか妥協から生まれる満足感。まあ、気力体力が衰えた終末期?には案外こんなのが多いやもしれず、良しとして。

 ☆

さて、例えそれがアキラメとか妥協の産物であろうとも、最後の時に「悔いなし」と言うために必要かな?と思われる要件、言い換えれば「リタイア生活の中でやっといた方が良さそうなこと」とは?

 ・ ちょっとでもやりたいと思ったことは取り敢えずやっておく。
 ・ 「これが私」といえるものを追求し作り上げる。
 ・ あとで無駄だったと思う様な時間を極力減らす(日常に流されない)。
 ・ 人との良い関係を構築する(ケンカ相手を作らない)。
 ・ 質実な身辺整理を心掛ける(後顧の憂い?が無い様に)。
 ・ 連れ合いの生活を想定し対処法を準備する。
 ・ 全てを任せられる友人・知人と更なる情報共有を図る。
 ・ 自身の性向( 終末のあり方)を見極めておく。

どうですか?あくまでも私の場合のお話ですが、分かった様な分かんない様な。前置きが長かった割にはこんなのしか思いつきませんでした。

書かなきゃ良かった?失礼しました。


画像 画像 画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

知明
2013年09月28日 10:45
いつも参考にしております。
お書きになったことが、ほぼすべてではないでしょうか。日々、このようなことを考えているからこそ、書ける内容だと思いますよ。
フリーランス
2013年09月28日 23:44
知明さん ご無沙汰してます。その後フルートとか旅行とか如何ですか?
リタイアという同じ立場の方から賛同頂けると心強い限りです。にも拘らず、自分で書いてて「やってないなあ」と反省しきり。改めて「やらなくっちゃ」なんて。ルーチンワークほどチェックチェック!頑張ります。ではまた。
知明
2013年09月30日 10:30
コメントありがとうございます。
実はあまり言いたくなかったのですが、バイト三昧の日々なんです。目の前にころがってる金の誘惑には勝てませんでして。
フルートはかなり上達しましたが、あれからもう旅行には行ってません。
金のため時間を切り売りしてる状態です、正直なところ。
フリーランス
2013年09月30日 19:51
知明さん
リタイアしてから改めて初められたお仕事、現役時代とは違った景色が見えるんでしょうね。そんな体験、なかなか出来ません。フルートとともに大いに楽しまれることを期待しております。ではまた。

この記事へのトラックバック