その2 いよいよ出発!バンコクへ

タイ旅行なのに今回選んだのはなぜかシンガポール航空。「ラオス旅行の時にタイ航空を使ったから」という単純な理由です。でもタイ航空の方が食事もサービスも良かった。第一の反省。

食べた後に気づいて撮った機内食。大して美味しくなかったけどなぜか完食。(完食しといて文句言うな!)

画像


バンコクのホテルはネットで選んだ王宮エリアの○○○ホテル。「隠れ家的ホテル」というガイドブックのコメントとホテルのホームページに載っていた美しいプールの写真、さらに全て込みで1,300THBという低料金に目がくらみ決めました。

画像


空港から乗ったリムジンタクシー(850THB)の運転手がホテルの場所を知らない?いやな予感・・・・・

外人のバックバッガーが多く泊まっていて、多分値段的には妥当な内容なんだろうな。ただバンコクで7泊予定の我々にとってはちょっと・・・。到着してすぐにホテルでネットから明日以降の予約をキャンセル。○○○ホテルさん、ごめんなさい。

ただ、その時のホテルのインターネット利用料金がなんと100THB/30分!あとであちこちのネットカフェを利用しましたが、30THB/60分が相場。これだけは超一流ホテル並み?!

そこで、タイの歩き方 その1
「値段は嘘をつかない。値段のランクはホテルのランク。」
掘り出し物などめったにあるものではないのは重々分かっているのですが・・・。特にネット情報だけで予約する場合は値段を基準にして決めると良いでしょう。キャンセル料もバカになりません。数ある失敗のうちのひとつでした。
 ⇒タイの歩き方へ

ところで、今回ホテルの予約は全て次の2つのウェブサイトのネット予約を利用しました。理由は旅行社を通すよりも安いから。ホテルのホームページに載っている正規料金と比較して半額のところも。ネット予約がこれだけ割安なのはタイだけ?よく分りません。

Hotel Travel.com
Wired Destinations

Hotel Travel.comがお勧め。料金も対応もGoodでした。とにかく「日本語」が有り難い。

話しは違いますが、Hot Mail とか Web Mail って便利ですね。今回、PCを持って行くかどうかだいぶ悩みましたが、その存在を見つけてやめました(遅いか)。

バシャバシャ撮る画像の保存も考えて4GBのフラッシュメモリーを仕入れ、それに PI-Protector (←勝手にリンク)という自分のインターネット環境を安全にインターネットショップで使えるソフトをインストールして持って行きました。PCを持っていく煩わしさを考えると格段に便利でした。

ただ、どのインターネットショップも日本語表示には対応しているのに日本語入力には対応していませんでした。つまり、日本語のメールは読めるけど日本語で返事が出せない状態。日本語変換システムを持ち歩くにはどうしたらいいのかな?

なんだかんだで1日目。かのカオサン通りでタイ料理デビュー。2時間の時差がちょうど良い感覚です。

画像


画像  画像 画像 画像


"その2 いよいよ出発!バンコクへ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント