その14 世界遺産スコータイ

プチリゾート的なこのホテルが気に入っています。ブッフェスタイルの朝食を美味しく頂き、今日はいよいよスコータイ遺跡公園へ。

画像

画像


遺跡公園は新市街から西へ14km。ソンテオで20分ほど。乗り場まではホテルの車で送ってもらいます。ソンテオの運転手のおっちゃんに「ムアンカオ?」と確認して出発です(20THB)。

画像


運転手のおっちゃん、運転中も乗客を探してキョロキョロ。人が歩いているとクラクションを鳴らして勧誘。わき見運転なんてもんじゃない、後ろを向いて走ってます。しかも私だったらギアを入れることも出来ない様な年代物の車を上手に操って。プロですね~。

画像


遺跡公園は大きく5つのエリアに分かれています。1辺が2km弱の3重の城壁に囲まれた城内のうち南西の一角を塀で囲った有料エリアと、そこを中心とした城外の東西南北それぞれのエリアです。1日で全てのエリアを制覇するのは自転車でもきつい様です。

キョロキョロおじさんのソンテオに揺られること約20分。有料エリアのにある駐車場に到着しました。ここがメインの駐車場の様でたくさんの観光バスが停まってました。にもかかわらず東の料金所は閉鎖中!理由が分かりません。これもまたタイ?

レンタサイクル(20THB/day)を借りて北の料金所へ向かいます。片手に日傘をさしたおかしな日本人サイクラーの始まりです。料金所でスコータイ遺跡公園と明日行く予定のシーサッチャナライの共通入場券(150THB)を購入。別に自転車入場料(10THB)を払います。これでどこでもフリーパス。決して割引ではないけれど。

まずは有料エリアの中央東寄りにあるワットマハタートへ向かいます。東の料金所が開いていればすぐのところ。さすがにスコータイを代表する王室寺院。圧巻です。そういえば最近コマーシャルでも使われている?

画像

画像

画像

画像

画像

画像


とりあえず中央の有料エリアはまたあとで来ることして。中央→西→中央(昼食)→東→北→東駐車場という構想を立てました。南はパスするつもりです。

入って来た北の料金所で何回でも出入りOKなの確認をして西のエリアに向かいます。2~3Kmですか、なだらかな登りが続きます。「暑さでパンクする」といって少なめにしか空気を入れてくれなかったタイヤの重いこと。早速難行苦行の始まりです。

西エリアの料金所を通って200mの高さの丘を徒歩で登り12.5mの仏像があるワットサパーンヒンへ。

画像

画像

画像

画像

画像


そう言えば、ここの登り口には警官が常駐。西のエリアにはその他にも監視員のような人が何人かいました。例のスコータイで殺された女性の事件(←勝手にリンク)の影響でしょう。

ここで名前・国籍・宿泊場所を記帳してからの見学です。記名帳を見ると5名ほどの先客の全てが日本人!大した人気です。それにしてもこのお巡りさんが水を売っていたのには笑えました。思わず1本お買い上げ(10THB)。ご苦労様です。

画像


続けて西のエリアを巡ります。まずはワットアランイック、かな?遺跡だらけでよく覚えてません。面目ない。あと、ワットチェディナルム・ワットマンコン・ワットトゥク等々?だったと思います。

画像

画像

画像

画像


必死で地図を確認。なにせ一度間違えるととんでもないことになりそうで。広大な草原地帯に遺跡だらけです。

画像

画像

画像


城壁の西の入り口、オー門を通って再び中央エリアへ。最終的に東に向かうため、時計と反対回りに中央エリアを巡ります。

画像


金の池、銀の池。(金の池はウソ。本物は中央エリアの東方に。でもこっちの方が本物らしい色でした。)

画像

画像


ワットトラパングン。銀の池に浮かぶ礼拝堂跡です。

画像


トウモロコシの様なワットシーサワイ。典型的なクメール様式との事。クメール時代ってトウモロコシが主食?知りません。誰か調べてください。

画像

画像

画像

画像


次のスポットに向かう途中、ワットマハタートの全景を望みます。

画像


ラムカムヘーン大王記念碑。スコータイの最盛期を築いた王。

画像


このあと中央エリアのど真ん中にあるレストラン街で昼食。壁の無い長屋の様にいくつかの店が仕切り無しで並んでいます。タイでよく見かける形。暑さ対策なんでしょう。

画像


昼食のビールで元気が出たせいか、パスするはずだった南エリアに向けて出発です。それならもう少し効率的な廻り方があった?!という事で城壁南のナモ門を出て2kmぐらい、ワットチェトゥボンへ。後期スコータイ王朝の重要寺院。歩行仏が有名です。

画像

画像

画像


ここから両側遺跡だらけの道を城壁の東へ向かいます。東エリアの見どころ、ワットトラパントーンラン。アーチ型外壁の浮き彫りがなかなかいい味を出してます。

画像

画像

画像


続けて東エリアのワットチャンロム。36基の白い象が支えるチェディです。でも、もうこの辺になると単に義務感!ガイドブック制覇が目標です。日本人的だな~。変なところで頑張っちゃう。

画像

画像

画像


ここから北のエリアに行く予定。行程をチェックしていたその時、さあ大変!中央エリアの見どころワットスラシーを見ていないのに気が付いた。再び北の料金所から中央エリアに戻りました。

画像

画像

画像

画像


改めて北の料金所を出て城外北エリアへ。お堀で囲まれたワットプラパイルアン。入り口は西側1つだけ。反対側に来てしまいお堀を1周する羽目に。飲み水が底をついてゆっくり見る気力も失せました・・・・・。

画像


それでもスコータイに来てここだけは見ないと、という事で気力を振り絞り北エリアのもう一つのスポット、ワットシーチュムへ。建物から覗く巨大な仏像は一見の価値あり、スコータイと言えば、という感じです。

画像

画像

画像

画像


スコータイ遺跡公園 完全制覇!
東駐車場→中央→西→中央(昼食)→南→東→中央→北→東駐車場。朝10時から午後4時。たぶん40~50kmは走ったのでは。足はパンパン、お尻が痛い。でもこんなことで喜んでいるのは我々だけか。他人から見たら馬鹿みたい?タコさんも良く頑張りました。小っちゃいのに。

ホテルに帰って泳いで夕飯。もう外に出かける気力も体力もありません。

画像


マッサージも今日はホテルに来てもらいました。1時間半 300THB。本格的なタイマッサージで、始める前に拝まれてビックリです。最高!

画像


そのまま、おやすみなさい。

画像  画像 画像 画像


"その14 世界遺産スコータイ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント