クライシスラー?破綻

画像


経済危機後のグローバル企業のロゴをパロッた面白いコンテンツを今年の始めに見つけ、みんなに紹介して笑ったものですが、本当になってしまいました。CITIも

クライスラー破綻。連邦破産法第11章(チャプターイレブン)の申請とのこと。この法律、日本の民事再生法にあたるそうですが、いわば「すみません。破産です。債権をチャラにして下さい。でも会社は再生させてもらいます。」ということらしい。債権者はたまりませんな~。ある部分は国が保障するようですが。

「目的のためにはルールを変える」アメリカらしい"ルール"です。

クライスラーはGMの予行演習という位置づけの様ですが、将来、これらの企業を救ったことが正しかったと言えるためには「この企業が売れる車を作る」ことは当然で、その前に「車というものが今まで以上に売れる」ことが前提でしょう。そんなことあるかな?

そういえば、さっき紹介した面白いコンテンツにGMがないのはなぜかな?GMは冗談ではすまないのか、単にロゴが面白くないのか?

画像

画像

画像画像画像

"クライシスラー?破綻" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント