ブルー?な連想

画像


秋ですね~。前回、「早期リタイアで失うもの」について書きましたが、その時の「失うもの」という語呂が悪かったせいか、いかにもブルー?な連想がいくつか頭に浮かんでしまいました。

この先、確実に失うものとは?。カウントダウンに合わせて減っていく時間。着実に目減りしていく預貯金。いつまで保てるのか分からない健康。年を重ねるほどに聞えてくる知人の不幸・・・・・。う~ん、ほんとに秋ですな。

「苦しいことばかりは続かない。でも、楽しいことはもっと続かない」ってことですか?良く耳にしますけど何とも後ろ向きで日本人的な人生訓ですね。信じられません!私の場合は結構楽しいことが続いてますから。ハハッハ!何事にも「まっ、良いか!」が私の信条です。

確かに、誰にも等しく「いつ来るか分からない」「確実に失うもの」があります。でも、それとの向き合い方は千差万別。小心者の私は「その時のために今何をしておくのか」「今のうちに”楽しく”考えておこう!」という前傾姿勢。「転ばぬ先の杖」「備え有れば憂い無し」。「人間万事塞翁が馬」は関係ないか。

急に想定外の出費が必要になった、周辺に不幸が起こった、健康を害した。その時のために今やっておくことは何か?これを考えることは私にとって意外と面白いテーマです。

さて、それでは考えた結果です(結構いい加減?)。各論は別として、どんな時のためにも共通して通用しそうな基本となる項目は「情報整理」だと思います。これを押さえておけばなんかの時にすぐに各論に入れるのではないでしょうか。

ここでいう情報とは?まずは自身の性向。自分がどんな考え方をして、どんな行動をとるのかを理解しておくこと。次いで、自身の俗人的背景や所有物などの身辺情報。最後に、影響を受ける人の範囲と影響の程度、その人に対する有用な事前の対応方法 ← どうも発想が「仕事」です。これも私の性向か?

まあ、これだけ押さえておけば何が起こってもすぐに各論に入れるでしょう。とは言っても、最後の「有用な事前の対応方法」は難しい。自身の場合、最も強く影響を受けるのはタコさん。そのタコさんに有用な事前の対応とは?ぼちぼち考えておきますか?ん~っ。

今回はなぜか諺が多い。これも年のせい?

画像

画像

画像画像画像

"ブルー?な連想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント