九州 北部4県の旅

画像


福岡、佐賀、長崎、大分の旅。レンタカーの走行距離1,200km。そりゃあ画像も多いわな~。必然的に大作?になっちゃったアルバムもようやく完成。これで引きこもり状態から脱出です。

 ☆

旅行のアルバム作り。海外はタコさんが手作り、国内は私がパワーポイントで、と役割分担。なにせ老後の楽しみ、唯一の財産のつもりなんで二人ともリキが入ります。

♪ あ~それなのにそれなのに♪ 今回は大失敗。画像を縮小する時に画質まで落としちゃった。全部作り上げてプリントアウトしてみて初めて気がついた。完全にあとの祭り。とてもやり直す気力なんて湧きません。戻せ!返せ!

それもこれもかの自作PCのせい。Win7用に新たに入れた画像処理ソフトの使い方を間違えた結果です。はい、私の好きな自己責任。♪ 誰のせいでもありゃしない~みんなおいらが悪いのさ~♪

 ☆

さて見所満載の九州。でも今回仕入れた2冊のガイドブックは観光情報よりもグルメ情報に力を入れていた様で、現地の観光マップの方がよっぽど充実してました。国内旅行の極意?なんて偉そうに。


画像を数枚。良かったら。


たまたま撮ったけどココが爆発?まさかね。劣化ウランが心配です。
(岩国のコンビーナート、新幹線の車窓から)
画像


見よ!この透明感!玄界灘のイカです。超美味!
(佐賀県 呼子にて)
画像


なんとも愛嬌のあるオブジェ。
(平戸のオランダ橋にて)
画像


和洋折衷?夕陽に浮かぶ寺と教会。平戸らしい!
(瑞雲寺から平戸ザビエル記念教会を望む)
画像


九十九島の夕陽。車を飛ばして何とか間に合いました。
(佐世保市の展望スポット、展海峰にて)
画像


戦時中、小学生が自分達で教室として掘ったらしい。
(長崎県 無窮洞にて)
画像


まるでガウディ。でも二十六聖人の歴史、為政者保身の暴挙です。
(日本二十六聖人記念聖堂 聖フィリッボ教会にて)
画像


なんといってもココ!こういうの大好き!三菱の地下炭鉱だったそうで。
(長崎県の端島、通称 軍艦島にて)
画像


船中八策、今が旬?観光用の復元帆船です。
(長崎港フェリーターミナルにて)
画像


タグボートに引かれて自衛艦もドック入り。銃器もここで点検するのかな?
(長崎港のドックにて)
画像


亀の上に亀。甲羅がかわいそう。
(グラバー園にて)
画像


優しい姿のマリア様、ホッコリします。クリスチャンでは無いけれど。
(大浦天主堂にて)
画像


マリア様もいいけれど、こういうのも大好き。バチアタリ!
(長崎市街 思案橋の裏路地にて)
画像


雲仙普賢岳の土石流の爪痕をそのまま残してます。大したもの。
(南島原の道の駅「みずなし本陣」被災家屋保存公園にて)
画像


まるでトルコのスメラ修道院?ちょっと言い過ぎ。
(大分県は耶馬溪の羅漢寺にて)
画像


コレはないだろう!高さ173mの吊り橋。高所恐怖症の二人、前だけ見て。
(大分県 九重の「夢大吊橋」にて)
画像


地元の人専用の外湯温泉。私だったら毎日通うだろうな。
(湯布院にて)
画像


雨と霧にかすむ桜。これはこれで情緒あり。負け惜しみ?
(別府の志高湖にて)
画像



ちょっと枚数が多過ぎました。コレぐらいにしときます。絞り切れないのも老化現象、今更しょうがない。ハッハッハッ!



画像

画像

画像画像画像

"九州 北部4県の旅" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント