誤 算

画像


特に早期リタイアに限ったことではありませんが、無収入とか年金暮らしの賃貸事情はまだまだ厳しいようです。

実は、同じマンションの高層階に賃貸物件が出たので同じ程度の賃貸料で景観と日当りが良くなるんだったら、と入居を申し込んだところ見事に却下されてしまいました。

理由はこちらがつけた条件と入居審査の結果を総合的に判断して、とのこと。でも、こちららの条件が問題ということであれば少なくとも交渉のテーブルに乗ったはず。それを即却下ということは多分「入居審査の結果」というのが真の理由なんでしょう。

賃貸か分譲か?とあれこれ考えた時、リスクの一つとして一応想定はしましたが今回見事にハマってしまいました。

 ☆

入居審査、ずばり年収です。賃貸料が年収の30%以内であることが基準らしい。つまり月10万円(年120万円)の賃貸に入居しようと思ったら年収が400万円無いとダメということ。20万ならその倍。実際にはもうちょっと厳しいのかも。

さらに保証人。「保証人は親族に限る」という貸手の条件に正当性があるのかどうかは分かりませんが、昨今ではそれを嫌って保証人代行会社に依頼するケースも多いはず。でもその審査基準もほぼ同じ。30%の基準を満たさなければ審査は通りません。

さらにもう一つが「年齢」。これを表立って却下の理由とすることは出来ないんでしょうが、私自身貸主だったことがあるんで入居者の属性が気になる貸主の心情は理解出来ます。年齢の他に職業、家族構成、喫煙の有無なんかも。

どっちにしろ、年金生活者の賃貸事情はまだまだ厳しいということの様です。あくまでも今回の物件の仲介業者と貸主の事例ですが。

 ☆

高齢化、人口減少、賃貸物件の過剰供給。これからの賃貸業が年金生活者あるいは預貯金生活者を対象とせずに成り立つ業種で無いことは明らかです。先のクレジットカードの利用限度額の増額の件も同じでしょう。

今の日本で将来的にそうなるのは自明の理だと思いますが、具体的にそれはいつなのか?FXで昨年からユーロ売りに徹しているのと同じくそのタイミングを見誤ったということ。はい、先走りが得意な私の誤算でした。

 ☆

でも、ビジネスの将来性としてはそこに目が向く企業が生き残るんでしょうね。東電とかシャープの例をひくまでもなく、今の世の中「安定収入」という意味でいえばサラリーマンより年金生活者。それが現実。顧客ターゲティングのミスアンダースタンディングではないかと。

まあ、そんな愚痴?は置いといて、取り敢えず今の大家さんに嫌われないように。「出てけっ!」って言われたら困るんで。でも、万が一そうなったら審査基準が貯金残高のURとか、高齢者入居を促進している地方自治体の住宅とか。

そうだ、海外居住!どうせ消費税も上がるしキナ臭い話もあるし。どこまでもお気楽な賃貸暮らしです。ハッハッハッ!


画像

画像

画像画像画像

"誤 算" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント