平成25年度 住民税

画像


久々に「リタイアの実体験を綴るブログ」らしい話題かな?所詮一人よがりの駄文ですが。

 ☆

昨年、無職・無収入の早期リタイア生活を卒業し、ついに年金を受給する普通?のリタイア生活に突入したのは既報の通り。

それに伴って3月に提出した昨年分の確定申告を元に、平成25年度の特別区民税・都民税の納税通知書が届きました。要らないのに。

うん、それは冗談ですが(半分本気?)、中身はバッチリ試算通り!フッフッフッ。当ったり前ってか。

 ☆

リタイア生活の暇に飽かせて、税額・健康保険料などを80歳まで事細かに試算済み。その試算と実際の請求額が合ってるとソコソコ嬉しかったりして。バッカみたい。

ただ、こういう通知が来る度にその算定方法とEXCELの計算式を確認しなければならないのが面倒臭い。なにせ覚えきれる訳も無く、そんな気もありませんから。

ほんと、面倒ですね。いくらでも簡略化出来るのに。極端な例ではこんなんとか。

コレってやっぱり携わっている人達の雇用(既得権?)確保が目的なんですかね~?一例を上げれば、いくらでもデジタル化出来るのに敢えて今でも人海戦術?の診療報酬審査の様に。

 ☆

さて、お次は国民健康保険料。もうすぐ届くはずですが、試算通りかどうかお楽しみ、ってな問題ではなく、その額というよりは所得に占める割合に驚きます。

コレに加えて、円安による物価高と預貯金の実質目減り、さらには流用目的?の復興税や既に決まったかの様に報道されてる消費増税。

皆さん、ホント我慢強いですね~ご立派です、っていつもの愚痴を繰り返したりして。ぼちぼち日本でも立ち上がったトルコの人達を真似る日が来るのかも!?"烏合の衆"を良しとする日本人にはやっぱ無理ですか?

 ☆

今となっては、無職・無収入なんて無謀な選択をしたお陰で、税金とか年金保険料がゼロ、国民健康保険料は減免、そんな早期リタイア時代が懐かしい、なんて失礼な!ご容赦。


画像 画像 画像

"平成25年度 住民税" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント